未分類

MT4(メタトレーダー4)でバックテスト

自動売買をする際に、必要な工程であるバックテストについて説明します。

バックテストとは、過去のチャートデータを使って、運用しようとしているEA(自動売買ソフト)がどのような取引から取引成績を確認できるツールです。

バックテストを行うことで、EAの精度や欠陥点を確認することができるので、EAを運用する前は必ず実施してください。

【用意する者】
 ・テストするEA
 ・MT4
 ・テストする通貨のヒストリカルデータ

① ヒストリカルデータをアップデートする

まずは、通貨データの欠損なくテストするためにヒストリカルデータをアップデートします。アップデートするためには、通貨データをダウンロードする必要がありますので、MT4を開いたらメニューバーにある「ツール」→「ヒストリーセンター」を選択します。

選択すると下記のようなウィンドウが開きます。

テストしたい通貨の1分足を選択しダウンロードしてください。

② ストラテジーテスターでバックテスト

ストラテジーテスターを開くには、メニューバーの下の段左から7番目の虫眼鏡のマークをクリックします。

ストラテジーテスターはこのような画面で表示されます。

エキスパートアドバイザとはEAのことで、EAのバックテストの場合はストラテジーテスターを選択します。

「Moving Average.ex4」はEAのファイル名です。

テストしたいEAのファイルはここで選択することができます。

通貨ペアはテストしたい通貨ペアを選択します。

モデルは3種類の選択しから選択します。これはバックテストの精度になります。一番精度の高いものが、「全ティック」となり、最も精度の低いものは、「始値のみ」というものになります。

これはバックテストを行う時間も影響があります。

精度の高い「全ティック」は精度の高い分析のため、その結果がでるまで時間がかかります。

複雑なものだと1時間以上かかるケースもありますが、簡単なEAの場合はそこまで支障はありませんので、「全ティック」でのバックテストをおすすめします。

「期間を指定」とは、バックテストを行う期間をしていします。

いつからいつまでの期間EAを起動した場合の成績を分析することができます。

右側の「期間」は、ロウソクの足の期間です。

EAを稼働させたいロウソク足が5分であれば、M5を選択すればいいです。

これらを設定したら、「スタート」を押してバックテストを行います。

バックテストの結果を見て、実際にそのEAを稼働させるかを判断しましょう。

③ 最適化をする

バックテストを行うと、EAの成績を見ることができます。

レポートとして、取引回数、勝率、連勝連敗、プロフィットファクターなどを見られるほか、チャートで取引状況を見ることもできます。

バックテストの結果から、変数を変えて最適化を試してみましょう。

例えば、移動平均線の本数を増減させたり、RSIの入力値を変えたりすることでより高収益なEAを作ることが可能です。

MT4(メタトレーダー4)でバックテスト” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です