未分類

自動取引(EA)を利用して、不労所得を作る

FX取引を行っている方々はだれでも経験があるかと思いますが、ポジションを持っている最中、成行注文をしようとチャートを注視している最中というのは、かなりのストレスを感じるものでしょう。

しっかりとしたトレードロジックを持って、システマティックに取引をしている人でも少なからずストレスを感じます。

さらに、1日にチャートを見ている時間も侮れません。

これらの不満を解消するには、FX取引を自動化させるということでしょう。

一般的には自動売買(EA)といわれています。

自動売買を稼働させることで、チャートに張り付いている時間も削減でき、自分の裁量での取引を行わないためストレスも軽減できます。

ポイント① MT4に対応したFX会社を開設

まずは、自動売買に向いているFX会社の口座を開設する。

自動売買(EA)はMT4というチャートソフト上で稼働させます。

そのためMT4に対応しているFX会社の口座をかいせつしなければなりません。

MT4対応のFX会社についてはこちらの記事をご覧ください。

MT4(メタトレーダー4)とは。

ポイント② 取引ルールのロジックを決める

自動売買において、もっとも重要な項目です。

システムにどういった取引をしてもらうかの指令が必要になります。

ある条件が整った場合に注文を出し、ある条件が整った場合、決済するといったロジックを決めます。

ロジックは、簡単に言うと移動平均線のゴールデンクロスの時に買いデッドクロスで売りといった取引を自動化できます。

もちろんもっと複雑な条件を指定することもできます。

ポイント③ ロジックをプログラミングする

プログラミングに関しては、MT4に対応した専用のプログラミング言語でプログラミングする必要があります。

これに関してはかなり専門的な知識を必要とします。

そのため、一般的なやり方はEAの販売サイトから購入するということです。

しかし、自分のロジックで作りたいという方に関しては、内容にはよりますが、TwitterよりDM頂ければご相談乗ります。

その際は、ぜひとも下記サイトから口座開設をお願いします。

ポイント④ バックテストを行う

MT4では、過去のチャートデータを使って、売買プログラムがどの程度の成績を残せたかを検証することができます。

バックテスト方法についてはこちらをご参照ください。

ポイント⑤ 自動売買(EA)を稼働させる

バックテストで試行錯誤を繰り返したのちに、自動売買(EA)を稼働させます。

稼働させれば、以降はシステムが勝手に取引を行ってくれます。

定期的に口座残高の確認やロットを調整したりなどするなどして、効率的な運用が可能となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です