未分類

FXのレバレッジ規制について

現在、FXの最大の特徴でもある「レバレッジ」に新たな規制を設定されることが検討させています。

2020年6月現在、国内FX業者でのFX取引のレバレッジは「最大25倍」となっています。

このレバレッジが10倍まで引き下げられる可能性があるということです。

そもそもレバレッジはどのような経緯で設定されてきたのでしょうか。

1998年、外国為替取引が一般の人もできるようになりました。

その後のインターネットの普及に伴い、投資家の数は急速に伸び続けました。

中でも、少額を運用したい投資家にとって、レバレッジという仕組みにより手元資金の何倍もの取引ができるFXは人気を高めていました。

レバレッジによる元本の大幅割れを、ロスカット制度によって守っていました。

ところがFX会社の中には、レバレッジを100倍や200倍などにして10000円でも100万円の取引をできるところが増えました。

そのような以上なレバレッジが蔓延った中、金融庁は投資家を保護することを目的として、レバレッジ規制を行いました。

最初の規制は、2010年に「最大50倍」まででしたが、翌年2011年には「最大25倍になりました。

現在でもこの「最大25倍」が継続している状況にあります。

そのような中、近年この「最大25倍」のレバレッジ規制を「最大10倍」にするという報道があります。

時期はまだ未定ですが、今後10倍のレバレッジ規制が行われた場合は今までほどの取引ができないので、稼いでいた人はこれまでほどの稼ぎはできなくなる恐れがあります。

ただし、この規制は国内FX業者に限った話なので、海外のFX業者では適用されません。

海外のFX業者は25倍はおろか100倍や500倍のところもあります。

もし少額で大きな取引を検討されている方は海外のFX会社を探すのも検討されてみてはいかがでしょうか。

レバレッジの高い海外FXは「XM-Trading

FXのレバレッジ規制について” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です